日本共産党市古次郎

中原区市政・生活相談室長

お約束

市古てるみ議員からバトンタッチ

市会議員 市古てるみバトンタッチします
市会議員 市古てるみバトンタッチします

日本共産党 市政と県政

市古次郎のお約束

市古次郎のお約束
  1. 子どもの医療費を所得制限なしで中学校卒業まで無料に
  2. 認可保育園の増設で、待機児童をなくす
  3. 私立幼稚園の入園料補助創設・保育料補助増額
  4. 教員を増やし、少人数学級の実現で一人ひとりにゆきとどいた教育
  5. ボール遊びができる公園の増設と中原区に市民プールの復活
  6. 長時間労働、サービス残業なくし、8時間働けば普通に暮らせる社会へ
  7. 安心・安全なまちづくりを住民本位に武蔵小杉駅の混雑解消
  8. 年金削減や介護制度の改悪をやめさせ、川崎市独自の高齢者施策の充実

神奈川県議会議員(中原区)
君嶋ちか子のお約束

私は、初めての議員生活の中で、「政治の最も大切な仕事は、住民の命を守ること」を実感しました。これからも「多くの県民の暮らしを支える県政」を繰り返し求めていきます。

神奈川県議会議員(中原区)君嶋ちか子のお約束
  1. 小児医療費無料化拡充めざし、県の負担増を
  2. 保育園不足解消のため、保育士の処遇改善を
  3. 県立高校改修をはじめ、教育環境の整備を
  4. 国民健康保険料を引き下げるために国・県・市は負担を
  5. 武蔵小杉駅をはじめ、駅の混雑解消と安全対策を交通安全対策予算の大幅増を
  6. 長時間労働なくし、人間らしい暮らしを

市古次郎の緊急report
通勤時の横須賀線武蔵小杉駅を見て

危険ととなり合わせの武蔵小杉駅をなんとかしたいと「武蔵小杉駅を良くする会」のみなさんと
危険ととなり合わせの武蔵小杉駅をなんとかしたいと「武蔵小杉駅を良くする会」のみなさんと

朝の出勤時に横須賀線武蔵小杉駅へ行くと、途切れることのない人の列。臨時改札口が新設され、駅に入れない人々の渋滞は緩和されましたが、ホームに上がると電車待ちの人々で埋め尽くされ、飽和状態でした。以前、通勤で同駅を利用していた妻は「毎朝、命がけだった」と。そんな状態に、住民の「武蔵小杉駅を良くする会」がつくられ、①ホームドアの設置②ホームの増設③改札口の増設④通勤時間の電車増などの改善を粘り強く取り組んでこられました。

市古てるみ議員は、武蔵小杉のまちづくりの問題を市議会で36回取り上げ、うち2010年に横須賀線口が開設して以来、駅に関する課題を6回議会で取り上げて市民とともに、改善のため努力してきました。安心安全な武蔵小杉駅を一日も早く実現するため、私も全力で取り組みます。

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP